PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トトガ御用達

我が家でお気に入りの商品・お店などを紹介します。
<< 認知科学への招待 | main | 夢をかなえるPX2完全マスター >>
脳を味方につける生き方
評価:
苫米地英人
三笠書房
¥ 1,404
(2009-07-01)
Amazonランキング: 245393位

JUGEMテーマ:読書

 

トレーニング法を紹介した実践的な内容。ルー・タイスと出会った後の筈なのでコーチング理論の片鱗が感じられるが、今の説明の仕方と若干異なる。しかしそれは矛盾するものではないので、むしろ理解が深まる。


プライミングの意味が分かった。空腹を感じた時に狩りをしようと思わせるのはドーパミン。仕留めて、調理して、食べ終わるまで出続ける。こういった状態のことをプライミングという。

 

「なりたい自分」「思い通りの自分」を演じることで、周囲が変わり、自分が理想へと近づいていく。プライミングの状態に自分を置くことができれば、ドーパミンの力で夢は実現へと近づいていく。

 

それには成功実現を強くイメージすることになるが、それで脳が満足してしまうとプライミングは停止してしまう。その弊害を防ぐため「ゴールは現状の外」という鉄則を守る必要がある。

 

これひとつ納得できただけでも大きな収穫であるが、他にもいろいろな発見があった。

| 苫米地英人 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:44 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/849
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS