PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
とてつもない未来を引き寄せる予見力
評価:
苫米地英人
徳間書店
¥ 900
(2009-10-20)
Amazonランキング: 88442位

原子力潜水艦をリースしろ!という提言をこの本に書いたと、生ベチでおっしゃっていたので買って読んだ。他にも「なるほど!」という提言が多々あり、近著「2050年 衝撃の未来予想」の片鱗が伺える内容もあった。

 

ワタクシ的に特に響いたのは「議院内閣制の廃止」。今の日本では立法権と行政権が分立していないという指摘。国会議員が内閣のメンバーになるというのは、言われてみればとてもおかしな話。分立するはずがない。与党の安定多数となり強行採決が何度も繰り返される事態となった現在は、これが問題であることは火を見るよりも明らかであるが、これを数年前に指摘していた博士はやはりとてつもない予見力の持ち主。

| 苫米地英人 | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:19 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/847
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS