PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トトガ御用達

我が家でお気に入りの商品・お店などを紹介します。
<< 現代ソフィスト伝 | main | 古典への道案内 >>
自己認識への道――禅とキリスト教
評価:
可藤 豊文
法蔵館
¥ 2,730
Amazonランキング: 796715位

 「プロローグ」を読みました。

デルポイの神殿に掲げられた「汝、自らを知れ」が、この本のテーマです。同著者による「瞑想の心理学」では大乗起信論から、その問いへアプローチしていました

この本では、「廓庵の十牛図」と「トマスの福音書」を手掛かりとして、つまり禅とキリスト教の立場から、この問いにアプローチしていくようです。

《以下引用》
…宗教は、ともすれば絶対者(神、仏)の信仰であるかのごとく思われてきた。確かに宗教が信仰で始まるという側面を持っていることは否めない事実であるが、アウグスチヌスも「信仰で始まり、見ることによって完成する」と言ったように、本来宗教は如何にして真理に目覚めるかということを主眼としている。

しかし、何が今のわれわれをして直ちに真理を目睹することを許さないのであろうか。それは真理を求めているわれわれ自身の無知(仏教はそれを「無明」と言う)に原因がある。もちろん、自己を知らなくとも、学問がそうであるように、真理の探求ということはあり得る。しかし、それは宗教がいう真理(真の知識)ではない。後者の場合、その無知ゆえに真理は見えていないという性質のものであり、自らの足元を照らす灯明が消えているために、本当に求むべきものの見分けもつかないまま、手探りで闇の中を探しているようなものなのだ。…
《引用終わり》

学問的な探求、特に科学的な探求がわれわれの中に浸透していくにつれて、宗教的なそれは排除されていったような気がします。それが現代の書物の内容が薄っぺらな感じがする原因だと、私は思っています。「私とは誰か」というような、素朴にして究極的な探求を忌み嫌い、「宗教」と聞いただけで毛嫌いしているが故に、かえって妖しげな新興宗教に対して鼻が利かず、装った仮面を見抜くことができなくなっているということはないでしょうか。

そんな仮面を見破り、巧みな布教を論破するためにも、素朴にして究極的な思索は必要だとは思いますが、それが第一目的ではもちろんありません。

私たちは、毎日、とっても忙しいです。愛する家族の顔をよくみる暇もないほどに忙しく働いている方々はたくさんいると思います。どうして、こんなに忙しくする必要があるのか。素朴にして究極的な疑問を避けて、私たちは、いつまで頑張れるのでしょうか?


ひとつ嘘をつくと、嘘の上塗りを繰り返さなければならなくなるように、ひとつの本質から目を背けているが故に、いくつもの本質に目をつぶらざるを得ない状況に追い込まれているような気がします。

ここは逃げないで、「自分」という問題に取り組んでみましょう。

| 仏教 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(42) |
スポンサーサイト
| - | 10:20 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/733
順造化と逆造化(神人44)
「神秘主義の人間学」(法蔵館)「第十章 劉一明」(p197〜220)を読みました。 《以下引用(p202)》 順造化の場合、あなたは人間であっても基本的には動物と同じ、種の保存にかかわっ ...
| トトガ・ノート | 2013/06/14 12:30 AM |
神秘主義の人間学(神人01)
「神秘主義の人間学」(法蔵館)「はじめに」を読みました。 キルケゴール、アウグスチヌス、エックハルトなど、12人の人についてまとめられています。これまで『瞑想の心理学』と ...
| トトガ・ノート | 2012/05/03 12:33 AM |
二元性の立体空間(自道44)
「自己認識への道」(法蔵館) 興味深い記述がたくさんありましたので、後半は細かく区切って引用させていただきました。今回で読了とします。 二つになったわれわれ人間がそのプ ...
| トトガ・ノート | 2012/04/28 12:33 AM |
性と死とアポトーシス(自道43)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第七章 単独者」を読みました。 「性」の別は、単に自分が持っていないものに対する求 ...
| トトガ・ノート | 2012/04/24 12:33 AM |
愛とは(自道42)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第七章 単独者」を読みました。 ついに、性に関する記述です。 《以下引用》 愛とは、 ...
| トトガ・ノート | 2012/04/20 12:33 AM |
復活が先か、死が先か?(自道41)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第七章 単独者」を読みました。 さらに、復活が先か死が先か、というのが問題になるら ...
| トトガ・ノート | 2012/04/16 12:33 AM |
思考の鎖を断つ(自道40)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第七章 単独者」を読みました。 《以下引用》 血肉で蒔かれたわれわれ人間には死が避 ...
| トトガ・ノート | 2012/04/12 12:30 AM |
中間世界…バズラフ(自道39)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第七章 単独者」を読みました。 『チベット死者の書』ではバルドと呼ばれた中間世界で ...
| トトガ・ノート | 2012/04/08 12:33 AM |
「死んで仏になる」ということ(自道36)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第六章 自己認識と神認識」を読みました。 《以下引用》 自己認識が神認識である(キ ...
| トトガ・ノート | 2012/03/27 12:33 AM |
命のパラドクス(自道35)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第六章 自己認識と神認識」を読みました。 《以下引用》 彼が言った、「主よ、泉のま ...
| トトガ・ノート | 2012/03/23 12:33 AM |
一滴の雫、大海に還る(自道34)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第六章 自己認識と神認識」を読みました。 もう一つの道、神に与ることによって神のよ ...
| トトガ・ノート | 2012/03/19 12:33 AM |
神に至る2つの道(自道33)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第六章 自己認識と神認識」を読みました。 禅語の「父母未生以前の面目」(劉一明は「 ...
| トトガ・ノート | 2012/03/15 12:33 AM |
宗教の修辞学(自道32)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第六章 自己認識と神認識」を読みました。 《以下引用》 伝統的なキリスト教が混乱し ...
| トトガ・ノート | 2012/03/11 12:33 AM |
グノーシスとは(自道28)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第五章 真知の覚(グノーシス)」を読みました。 《以下引用》 仏教に少し慣れ親しん ...
| トトガ・ノート | 2012/02/22 12:33 AM |
神は至るところに存在する(自道27)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第五章 真知の覚(グノーシス)」を読みました。 《以下引用》 真珠は泥の中へ投げ込 ...
| トトガ・ノート | 2012/02/17 12:33 AM |
心に立ち帰れ(自道26)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第四章 永遠の故郷」を読みました。 《以下引用》 宗教とは本来、外側を探し求めた末 ...
| トトガ・ノート | 2012/02/13 12:33 AM |
始源に還る(自道25)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第四章 永遠の故郷」を読みました。 われわれはどこから来て、どこへ行くのか…この「 ...
| トトガ・ノート | 2012/02/09 12:33 AM |
ドアと蝶番の比喩(自道24)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第四章 永遠の故郷」を読みました。 人間には外なる人(homo exterior)と内なる人(home int ...
| トトガ・ノート | 2012/02/05 11:48 AM |
一番大切な「あのもの」(自道23)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第三章 隠れた宝」を読みました。 前回までをまとめたような文章を引用しておきます。 ...
| トトガ・ノート | 2012/02/01 12:33 AM |
パスカルの苦悩(自道22)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第三章 隠れた宝」を読みました。 さて、いよいよ「私とは誰か」という最初の問に入っ ...
| トトガ・ノート | 2012/01/28 12:33 AM |
宗教はまず自分のために(自道21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第二章 神の国・地の国」を読みました。 《以下引用》 イエスが言った、「父の国は、 ...
| トトガ・ノート | 2012/01/24 12:33 AM |
目ある者は見よ(自道20)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第二章 神の国・地の国」を読みました。 ところで、神の国(浄土)はどこにあるのか? ...
| トトガ・ノート | 2012/01/20 12:33 AM |
性と死(自道19)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第一章 危ういかな人間」を読みました。 《以下引用》 エバがアダムの中にあったとき ...
| トトガ・ノート | 2012/01/16 12:33 AM |
ゾンビたちの幻想世界(自道18/26)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第一章 危ういかな人間」を読みました。 《以下引用》 イエスが言った、「この天は過 ...
| トトガ・ノート | 2012/01/12 12:33 AM |
善も善いわけではなく、悪も悪いわけではない(自道17/25)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第一章 危ういかな人間」を読みました。 人々は二元葛藤の世界から離れようとしない。 ...
| トトガ・ノート | 2012/01/08 12:33 AM |
罪には善も悪もない(自道16/24)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第一章 危ういかな人間」を読みました。 人々は二元葛藤の世界から離れようとしない。 ...
| トトガ・ノート | 2012/01/04 12:33 AM |
耳ある者は聞け(自道15/23)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第一章 危ういかな人間」を読みました。 老子によれば、上士、中士、下士という区別が ...
| トトガ・ノート | 2011/12/31 12:36 AM |
「光」というブラックボックス(自道14/22)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「第一章 危ういかな人間」を読みました。 《以下引用》 イエスが言った、「もし彼らが ...
| トトガ・ノート | 2011/12/27 12:35 AM |
トマスのリフレイン(自道13/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第二部 トマスの福音書 真知の覚―自己認識と神認識」の「序章 隠された言葉」を読みました。 今回から、キリスト教です。私はほとんど素養があ ...
| トトガ・ノート | 2011/12/23 12:33 AM |
『入鄽垂手』(自道12/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第十 入鄽垂手」を読みました。 《以下引用》 さて、第十図の「入鄽垂手」をよく見 ...
| トトガ・ノート | 2011/12/19 12:33 AM |
『返本還源』(自道11/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第九 返本還源」を読みました。 《以下引用》 サンサーラ(生死)はニルヴァーナ( ...
| トトガ・ノート | 2011/12/15 1:03 AM |
『人牛倶忘』(自道10/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第八 人牛倶忘」を読みました。 《以下引用》 世界を幻影あるいは夢の如しと見た人 ...
| トトガ・ノート | 2011/12/11 12:33 AM |
『忘牛存人』(自道09/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第七 忘牛存人」を読みました。 《以下引用》 …真理(法)に主客の二法はないけれ ...
| トトガ・ノート | 2011/12/07 12:33 AM |
『騎牛帰家』(自道08/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第六 騎牛帰家」を読みました。 《以下引用》 …仏教は、何か目的のために忙しく散 ...
| トトガ・ノート | 2011/12/03 12:33 AM |
『牧牛』(自道07/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第五 牧牛」を読みました。 《以下引用》 …思考と思考するものは同じ心であり、思 ...
| トトガ・ノート | 2011/11/29 12:33 AM |
『得牛』(自道06/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第四 得牛」を読みました。 《以下引用》 人が美しいものに心惹かれ、いとおしく思 ...
| トトガ・ノート | 2011/11/25 12:30 AM |
『見牛』(自道05/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第三 見牛」を読みました。 《以下引用》 …われわれは何よりまず心(今のところそ ...
| トトガ・ノート | 2011/11/21 12:30 AM |
『見跡』(自道04/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第二 見跡」を読みました。 水辺の林の下で牛の足跡を見つけます。草が踏みつけられ ...
| トトガ・ノート | 2011/11/17 12:30 AM |
『尋牛』(自道03/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第一 尋牛」を読みました。 《以下引用》 …さて『十牛図』に登場してくる「牛」が ...
| トトガ・ノート | 2011/11/13 12:33 AM |
『十牛図』と曼荼羅と時間(自道02/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「総序」を読みました。 「瞑想の心理学」で述べられていたようなことが多く書かれて ...
| トトガ・ノート | 2011/11/09 12:33 AM |
汝、自らを知れ(自道01/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「プロローグ」を読みました。 デルポイの神殿に掲げられた「汝、自らを知れ」が、この本のテーマです。同著者による「瞑想の心理学」では大乗起信 ...
| トトガ・ノート | 2011/11/05 12:33 AM |
私とは誰か?(瞑心41/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「私とは誰か」を読みました。 そろそろこの本の次に読む本を物色しておりまして、同じ可藤豊文さんの「自己認識への道 ...
| トトガ・ノート | 2011/09/21 12:33 AM |
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS