PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トトガ御用達

我が家でお気に入りの商品・お店などを紹介します。
<< 三教指帰 | main | 新「公文式算数のひみつ」 >>
瞑想の心理学
JUGEMテーマ:読書

「プロローグ」を読みました。

生の由来と死の所去…絶対に解決できないであろう疑問です。それが、この本のテーマです。それは生きる意味にもつながります。

《以下引用》
…生の由来も知らなければ、死の去り行くところをも知らない大人たちが、遅れてくる者に、人の命は尊いなどと言ってみたところで、どれだけ説得力があるというのか。しかも、その答えたるや、一度たりとも生の意味など問うたことがない者と同じだというのだからなおさらである。

我を生ずる父母も生の由来を知らず。生を受くる我が身もまた、死の所去を悟らず。過去を顧みれば、冥冥としてその首を見ず。未来に臨めば、漠漠としてその尾を尋ねず。(空海『秘蔵宝鑰』)
《引用終わり》

筆者は大学で物理化学について勉強され、その後で仏教の勉強を(これも大学で)された方です。プランクやパスカルという科学者の言葉も引用されていて、私にとって非常に興味があります。

このテーマは、無記だと思いますから、科学はもちろんのこと仏教を用いても解けない問題であろうと思います。

そして、この本の中にも答えは無いだろうと思うのですが、それだからこそその思索の過程は興味深いものです。

一年くらいかけて、チビリチビリ、じっくり読んでいくことにしました。


| 仏教 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(54) |
スポンサーサイト
| - | 15:03 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/675
神秘主義の人間学(神人01)
「神秘主義の人間学」(法蔵館)「はじめに」を読みました。 キルケゴール、アウグスチヌス、エックハルトなど、12人の人についてまとめられています。これまで『瞑想の心理学』と ...
| トトガ・ノート | 2012/05/03 12:33 AM |
『尋牛』(自道03/21)
「自己認識への道」(法蔵館) 「第一部 廓庵の十牛図 悟りの階梯―真実の自己を求めて」の「第一 尋牛」を読みました。 《以下引用》 …さて『十牛図』に登場してくる「牛」が ...
| トトガ・ノート | 2011/11/13 12:33 AM |
生と死のリアリティ(瞑心52/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 「エピローグ」を読みました。 《以下引用》 …生と死の境が曖昧になるだけでなく、そのいずれにもリアリティが感じられなくなった現代に、私は改めて ...
| トトガ・ノート | 2011/11/01 12:30 AM |
無自己実現(瞑心51/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「自己実現」を読みました。 止観双修によって至る境地、心真如の相、ニルヴァーナ、一元性の世界、離言真如、転識得智 ...
| トトガ・ノート | 2011/10/28 12:30 AM |
止観双修(瞑心50/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「止観双修」を読みました。 実践法の解説は、この章に凝縮されているようです。その実践法が止観双修です。 《以下引 ...
| トトガ・ノート | 2011/10/24 12:33 AM |
悟りのパラドクス(瞑心49/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「瞑想の心理学」を読みました。 今回は本のタイトルと同じ章ですので、これまでのことがギッシリまとめてあります。 ...
| トトガ・ノート | 2011/10/20 12:33 AM |
夢の比喩(瞑心48/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「大夢と大覚」を読みました。 今回は「胡蝶の夢」の荘子からの引用。 《以下引用》 その夢見るにあたりては、その夢な ...
| トトガ・ノート | 2011/10/16 12:33 AM |
改心と回心は別物(瞑心47/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「如実に自心を知る」を読みました。 「仮我の死によって真我に蘇る」ことは、「自心」を知ることと言い換えてもいいで ...
| トトガ・ノート | 2011/10/13 12:33 AM |
善と悟りは別物(瞑心46/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「生死を超える」を読みました。 「仮我の死によって真我に蘇る」ことは、「生死を超える」ことと言い換えてもいいでし ...
| トトガ・ノート | 2011/10/08 12:33 AM |
大死一番(瞑心45/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「二つの死」を読みました。 《以下引用》 …瞑想のプロセスの中には、仮我が死して真我に蘇る一瞬があるのだ。この死を ...
| トトガ・ノート | 2011/10/05 8:59 AM |
無我の大我(瞑心44/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「真実の自己――無我の大我」を読みました。 《以下引用》 仏教が人類に呈示した教義の中で、最も特徴ある教えは無我( ...
| トトガ・ノート | 2011/09/30 12:33 AM |
五蘊の仮我(瞑心43/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「真我と仮我」を読みました。 《以下引用》 色・受・想・行・識の五蘊から成り立っているわれわれの身心が本当の私では ...
| トトガ・ノート | 2011/09/28 12:33 AM |
「私」はデータか?メモリーか?(瞑心42/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「自己認識」を読みました。 主客の二元論的認識構造の中で、知識や経験を積み人から認められるようになったとしても、 ...
| トトガ・ノート | 2011/09/23 12:33 AM |
私とは誰か?(瞑心41/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第四章「方法論―止観双修」の「私とは誰か」を読みました。 そろそろこの本の次に読む本を物色しておりまして、同じ可藤豊文さんの「自己認識への道 ...
| トトガ・ノート | 2011/09/21 12:33 AM |
聞・思・修の三慧(瞑心40/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第三章「存在論―返本還源」の「聞・思・修の三慧」を読みました。 《以下引用》 …『起信論』という書物は、われわれに二つのことを教えようとしてい ...
| トトガ・ノート | 2011/09/16 12:33 AM |
熏習のメカニズム(瞑心39/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第三章「存在論―返本還源」の「熏習論」を読みました。 『起信論』には熏習という考え方があります。唯識説にも出てくるようです。 《以下引用》 … ...
| トトガ・ノート | 2011/09/14 12:33 AM |
青い鳥はいずこ(瞑心38/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第三章「存在論―返本還源」の「内奥の神秘」を読みました。 《以下引用》 …幸運にも心源に辿りついたものは、その一瞥をさまざまに表現してきた。「 ...
| トトガ・ノート | 2011/09/09 12:33 AM |
宗教と教育(瞑心37/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第三章「存在論―返本還源」の「宗教と教育」を読みました。 我々には帰るべき永遠の故郷があり、そこへ向かうのが生の目的。これが宗教の立場だ、と ...
| トトガ・ノート | 2011/09/07 12:33 AM |
橋の比喩(瞑心36/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第三章「存在論―返本還源」の「生の目的」を読みました。 生の目的は、前回、前々回でまとまっていると思うので、ここでは「橋の比喩」を紹介してお ...
| トトガ・ノート | 2011/09/02 12:33 AM |
空海のマントラ(般若心経)理解(瞑心35/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第三章「存在論―返本還源」の「『般若心経』のマントラ」を読みました。 《以下引用》 世間の凡夫は諸法の本源を観ぜざるが故に、妄に生ありと見る。 ...
| トトガ・ノート | 2011/08/26 12:33 AM |
どこから来てどこへ行くのか(瞑心34/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第三章「存在論―返本還源」の「生の源泉」を読みました。 われわれはどこから来て、どこに行くのか…その問いに対する答えは、多くの宗教で、同じ場 ...
| トトガ・ノート | 2011/08/19 12:33 AM |
心は無念なり(瞑心33/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第三章「存在論―返本還源」の「生滅門から真如門へ」を読みました。 今回は、二つの門が再び出てくる一節から。 《以下引用》 生滅門より即ち真如門 ...
| トトガ・ノート | 2011/08/17 12:33 AM |
一切の水月は一月に摂む(瞑心32/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第三章「存在論―返本還源」の「現象と存在」を読みました。 今回は、この詩句から。 《以下引用》 一月は普(あまね)く一切の水に現じ 一切の水月は ...
| トトガ・ノート | 2011/08/12 12:33 AM |
唯心論では無く、唯物論では更に無い(瞑心31/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第二章「現象論―三界唯心」の「精神と物質」を読みました。 仏教は唯心論でもなく、唯物論でもありません。それをうまく表現しているのが、この言葉 ...
| トトガ・ノート | 2011/08/10 12:33 AM |
宗教と科学の対比(瞑心30/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第二章「現象論―三界唯心」の「現代物理学」を読みました。 《以下引用》 われわれはこの心が、心源の不覚によって生じてきた妄心であることを知って ...
| トトガ・ノート | 2011/08/05 12:33 AM |
鏡上痕垢の比喩(瞑心29/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第二章「現象論―三界唯心」の「心と法」を読みました。 《以下引用》 「三界唯心」の最後に『起信論』の中でも空海や白隠など、宗派を問わず多くの思 ...
| トトガ・ノート | 2011/08/03 12:33 AM |
月華の比喩と洞窟の比喩(瞑心28/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第二章「現象論―三界唯心」の「月華の比喩」を読みました。 『起信論』では、「一切の法は鏡中の像の体として得べきものは無きが如く、唯心のみにし ...
| トトガ・ノート | 2011/07/29 12:33 AM |
共同幻想(瞑心27/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第二章「現象論―三界唯心」の「共同幻想の世界」を読みました。 今回は一水四見(三見)の比喩から。 《以下引用》 譬えば人間の浄水を天鬼は心に随 ...
| トトガ・ノート | 2011/07/27 12:33 AM |
心は心を見ず(瞑心26/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第二章「現象論―三界唯心」の「心は心を見ず」を読みました。 《以下引用》 心あって心をしらず 心は心を見ず 心に想を起こさばすなわち癡なり 無想は ...
| トトガ・ノート | 2011/07/22 12:33 AM |
色を見るとは即ち心を見るなり(瞑心25/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第二章「現象論―三界唯心」の「見色即見心」を読みました。 心というプロジェクターに映し出されたバーチャルな現実を見る仕組みとは… 《以下引用 ...
| トトガ・ノート | 2011/07/20 12:33 AM |
心はプロジェクター(瞑心24/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第二章「現象論―三界唯心」の「自心所現の幻境」を読みました。 「三界虚妄」(『華厳経』)、「三界虚偽」(『起信論』)、「三界如幻」(『楞伽経 ...
| トトガ・ノート | 2011/07/15 12:33 AM |
虚妄の世界を生きる意味(瞑心23/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第二章「現象論―三界唯心」の「仏教の世界観」を読みました。 《以下引用》 仏教の世界観を論じる場合、しばしば取り上げられるものに「三界唯心」と ...
| トトガ・ノート | 2011/07/13 12:33 AM |
この知的な無明社会(瞑心22/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第一章「認識論―不覚無明」の「心の教育」を読みました。 前回の「無知」と「無明」の違いを踏まえますと、「無知」から「知」への移行は「無明」へ ...
| トトガ・ノート | 2011/07/08 12:33 AM |
無明と無知の違い(瞑心21/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第一章「認識論―不覚無明」の「無明と明、無知と知」を読みました。 前回の学問と宗教の違いを踏まえますと、無明と明は宗教の話、無知と知は学問の ...
| トトガ・ノート | 2011/07/06 12:33 AM |
学問と宗教の違い(瞑心20/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第一章「認識論―不覚無明」の「学問と宗教」を読みました。 序論でも学問と宗教の違いについて述べられていましたが、そのときはちょっとしっくり ...
| トトガ・ノート | 2011/07/01 12:33 AM |
主客の二元論(瞑心19/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第一章「認識論―不覚無明」の「世間と出世間」を読みました。 序論でも同様のことが書かれておりましたが、この本は表現を少しずつ変えて繰り返して ...
| トトガ・ノート | 2011/06/29 12:33 AM |
元を糺せば…(瞑心18/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第一章「認識論―不覚無明」の「メビウスの帯」を読みました。 この本は、仏教に限らず、別の宗教や、科学書からの引用も多く、興味深いです。 《 ...
| トトガ・ノート | 2011/06/24 12:33 AM |
表層意識・明在系・六麁(瞑心17/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第一章「認識論―不覚無明」の「表層意識」を読みました。 六麁については以前もまとめましたが、本書に沿って再度まとめてみます。 1.智相 わ ...
| トトガ・ノート | 2011/06/22 12:33 AM |
深層意識・暗在系・三細(瞑心16/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第一章「認識論―不覚無明」の「深層意識」を読みました。 《以下引用》 …『起信論』は根本不覚に続いて、「三細」と「六麁」からなる枝末不覚が ...
| トトガ・ノート | 2011/06/17 12:33 AM |
無明と時間(瞑心15/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 第一章「認識論―不覚無明」の「無明の忽然念起」を読みました。 《以下引用》 …では、無明はいつ始まったのであろうか。言い換えれば、われわれ ...
| トトガ・ノート | 2011/06/15 12:33 AM |
大海水波の比喩(瞑心14/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「心源―大海水波の比喩」を読みました。 《以下引用》 …心源とは心の本源という意味であり、それはもとより浄いと ...
| トトガ・ノート | 2011/06/08 12:33 AM |
唯識派のアーラヤ識と起信論のアーラヤ識(瞑心13/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「アーラヤ識」を読みました。 唯識派のアーラヤ識と、起信論のアーラヤ識の違いについて述べられています。 唯識派 ...
| トトガ・ノート | 2011/06/03 12:33 AM |
真実は論理を超えて(瞑心12/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「真如―空と不空」を読みました。 以前、依言真如としてまとめておりました。 《以下引用》 …われわれが心(妄心 ...
| トトガ・ノート | 2011/05/27 12:33 AM |
言葉を離れるために言葉はある(瞑心11/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「真如と言葉」を読みました。 二元性の世界を象徴するのが言葉だと思います。言葉を元にして一元性の世界を目指すこ ...
| トトガ・ノート | 2011/05/25 12:33 AM |
一元性の世界と二元性の世界(瞑心10/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「一法界と妄境界」を読みました。 《以下引用》 『心真如とは即ち是れ一法界にして、大総相、法門の体なり。謂う所 ...
| トトガ・ノート | 2011/05/20 12:33 AM |
禅の中にも如来蔵(瞑心09/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「禅にみる如来蔵」を読みました。 《以下引用》 “無”を説く禅にも如来蔵思想がはっきりと表れている。 《引用終わ ...
| トトガ・ノート | 2011/05/18 12:33 AM |
学問の真理と宗教の真理(瞑心08/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「衆生―如来蔵」を読みました。 (04)や(05)の内容が如来蔵とほぼイコールのように思います。今回は不増不減について書 ...
| トトガ・ノート | 2011/05/13 12:33 AM |
衆生とは何か(瞑心07/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「衆生の意味」を読みました。 《以下引用》 仏教はわれわれ人間を衆生(あるいは凡夫)と呼ぶが、衆生とはどういう意味 ...
| トトガ・ノート | 2011/05/11 12:33 AM |
世界を浄めるとは(瞑心06/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「真実と虚妄」を読みました。 《以下引用》 …太陽や月の光が輝いていても、目の不自由な人にとって闇としか映らないよ ...
| トトガ・ノート | 2011/05/06 12:33 AM |
ひとつの心、ふたつの門(瞑心05/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「サンサーラとニルヴァーナ」を読みました。 前回は、『起信論』はわれわれの心を妄心(心生滅)と真心(心真如)の二 ...
| トトガ・ノート | 2011/05/04 12:33 AM |
心性本浄と客塵煩悩(瞑心04/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「心性本浄と客塵煩悩」を読みました。 『起信論』はわれわれの心を妄心(心生滅)と真心(心真如)の二相に分けていま ...
| トトガ・ノート | 2011/04/27 12:09 AM |
心真如と心生滅(瞑心03/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「心真如と心生滅」を読みました。 《以下引用》 この心の真如の相(心真如)はすなわち摩訶衍(大乗)の体を示すが故な ...
| トトガ・ノート | 2011/04/22 12:06 AM |
大乗とはわれわれの心をいう(瞑心02/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 序章「『大乗起信論』概説」の「大乗とはわれわれの心(衆生心)をいう」を読みました。 《以下引用》 …サンサーラの世界(生死の世界:此岸)からニ ...
| トトガ・ノート | 2011/04/15 12:09 AM |
われわれはどこから来てどこへ行くのか(瞑心01/52)
「瞑想の心理学」(法蔵館) 「プロローグ」を読みました。 生の由来と死の所去…絶対に解決できないであろう疑問です。それが、この本のテーマです。それは生きる意味にもつなが ...
| トトガ・ノート | 2011/04/08 12:09 AM |
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS