PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トトガ御用達

我が家でお気に入りの商品・お店などを紹介します。
<< ガラスのうさぎ | main | 唯識思想 >>
唯識入門
評価:
高崎 直道
春秋社
Amazonランキング: 667086位
Amazonおすすめ度:
唯識思想の最適な入門書
瑜伽師の禅定に疑問があります!

JUGEMテーマ:読書
 


同じ著者による「仏教入門」の中に、


自性清浄心=如来蔵と、アーラヤ識とは、同じ一つの心の表と裏、楯の両面のように相反し、対立しつつも、決して切り離せません。そこで、それを同一視する考えが生まれ、それが『楞伽経』となり、『大乗起信論』で完結しました。


というような説明がありましたので、『大乗起信論』を理解するには唯識についても理解しておかなければならないと思いました。その時からエントリーしておいたのがこの本です。同じ著者なら分かりやすいだろうとも思いました。

この本は講義形式(話し言葉)なので、その点でも分かりやすいかと思います。

最初に参考となる本が紹介されていますので、もっと勉強したくなった時のために整理しておこうと思います。

『唯識思想』(『講座大乗仏教』全10巻の第八巻)春秋社
瑜伽行派の形成から説明を進めている。

『認識と超越〈唯識〉』(『仏教の思想』全12巻の第四巻)角川書店
インド哲学の専門家(服部正明さん)と西洋哲学畑の方(上山春平さん)の共著。服部さんは世親の『唯識二十論』をもとに、上山さんは法相宗の聖典『成唯識論』(世親の『唯識三十頌』の注釈)をもとに書かれています(とのこと)。

『唯識の哲学』(サーラ叢書)平楽寺書店
著者は横山紘一さん。伝統的な唯識法相の学にも詳しい方ですが、ユングやフロイトの学問と比較して唯識へと導いている、とのこと。『唯識三十頌』をもとにしています。

『唯識の心理学』青土社
著者は岡野守也氏。『唯識三十頌』をテキストにして、トランスパーソナル心理学的な視点から見ていきます。

『唯識十章』春秋社
著者は多川俊映師。玄奘訳『成唯識論』をテキストにして、伝統的な法相宗の唯識学を現代的に解説。

『唯識の構造』春秋社
著者は竹村牧男さん。唯識説を、その成立から『成唯識論』に至るまでの歴史的展開を視野に入れ、しかも現代的に解説。

『摂大乗論・和訳と註解(上・下)』講談社
著者は長尾雅人氏。唯識説のインド学的チベット学的研究の成果。入門書ではないので、いささか難解。

『世親論集』(『大乗仏典』全15巻の一冊)中央公論社
原典の翻訳。『唯識二十論』『唯識三十頌』『三性論』『中辺分別論』などが入ってます。

えーと…、まずは高崎直道さんの本、読みますよ。

《つづく》
| 仏教 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(36) |
スポンサーサイト
| - | 16:14 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/513
唯識と中観派(唯入28/28)
「唯識入門」(春秋社) 「第六章.唯識の修行論」の「三.中観派の唯識批判」を読みました。 《以下引用》 最後にこの瑜伽行派の唯識説、そして如来蔵思想にたいして起こされたイ ...
| トトガ・ノート | 2011/04/01 12:03 AM |
唯識と如来蔵(唯入27/28)
「唯識入門」(春秋社) 「第六章.唯識の修行論」の「二.さとりの可能性」を読みました。 《以下引用》 …瑜伽行派で問題としたもうひとつのこと、そして日本の法相宗が他宗から ...
| トトガ・ノート | 2011/03/25 12:15 AM |
転依と仏身(唯入26/28)
「唯識入門」(春秋社) 「第六章.唯識の修行論」の「一.修行の階梯」の「ブッダの知恵と身体」を読みました。 識が智に転依するということでしたが、転識得智は八識が転じて四 ...
| トトガ・ノート | 2011/03/18 12:09 AM |
転依について(唯入25/28)
「唯識入門」(春秋社) 「第六章.唯識の修行論」の「一.修行の階梯」の「心の転換」を読みました。 《以下要約》 転依の「依」はもともとは身体の意味。唯識説でもそうですが、 ...
| トトガ・ノート | 2011/03/11 12:03 AM |
唯識と十地説(唯入24/27)
「唯識入門」(春秋社) 「第六章.唯識の修行論」の「一.修行の階梯」の「さとりへの道のり」を読みました。 《以下要約》 瑜伽行派は、唯識説の完成をめざす実践の体系を『華厳 ...
| トトガ・ノート | 2011/03/04 12:12 AM |
唯識説の三本柱(唯入23/26)
「唯識入門」(春秋社) 「第六章.唯識の修行論」の「一.修行の階梯」の前までを読みました。 第六章に入る前に、唯識説についてまとめてあるので、メモっておきます。 《以下 ...
| トトガ・ノート | 2011/02/25 12:12 AM |
自己同一と輪廻転生…「三十頌」第十八偈・第十九偈(唯入22/25)
「唯識入門」(春秋社) 「第五章.識のはたらき」の「三.個体の存続と輪廻転生」を読みました。 世親の『唯識三十頌』の第十八偈と第十九偈です。 識はじつに一切の種子を有す ...
| トトガ・ノート | 2011/02/18 12:06 AM |
アーラヤ識の機能…「三十頌」第三偈(唯入21/25)
「唯識入門」(春秋社) 「第五章.識のはたらき」の「二.識の機能」を読みました。 世親の『唯識三十頌』の第三偈です。 そして、それ(アーラヤ識)は感知できない執受と住処 ...
| トトガ・ノート | 2011/02/11 12:06 AM |
マナスの役割…「三十頌」第五偈(唯入20/25)
「唯識入門」(春秋社) 「第五章.識のはたらき」の「一.識の転変」の「マナスの役割」まで読みました。 前節に、転変という概念は、識と対象の相互関係と、時間的前後関係の全 ...
| トトガ・ノート | 2011/02/04 12:09 AM |
アーラヤ識の役割…「三十頌」第二偈(唯入19/25)
「唯識入門」(春秋社) 「第五章.識のはたらき」の「一.識の転変」の「アーラヤ識の役割」まで読みました。 世親の『唯識三十頌』の第二偈です。 (三種の転変とは)異熟と、 ...
| トトガ・ノート | 2011/01/28 12:03 AM |
三種の転変…「三十頌」第一偈(唯入18/24)
「唯識入門」(春秋社) 「第五章.識のはたらき」の「一.識の転変」の「三種の転変」まで読みました。 この章は、虚妄分別が依他起であるメカニズムについて、世親の『唯識三十 ...
| トトガ・ノート | 2011/01/21 12:06 AM |
刹那滅…第十一偈(唯入17/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第四章.識と縁起」の「四.識とアートマン」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第十一偈後半が出てきます。 (1.11cd)〔この十二支の縁起 ...
| トトガ・ノート | 2011/01/14 12:06 AM |
顕勢的な識…第十偈(唯入16/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第四章.識と縁起」の「三.識の内部での縁起」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第十偈・第十一偈が出てきます。 (1.10)覆いさえぎる ...
| トトガ・ノート | 2011/01/07 12:09 AM |
潜勢的な識と顕勢的な識…第九偈(唯入15/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第四章.識と縁起」の「二.二種の識」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第九偈が出てきます。 (1.9)一つは縁(因)としての識であり、 ...
| トトガ・ノート | 2010/12/31 12:09 AM |
虚妄分別の正体…第八偈(唯入14/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第四章.識と縁起」の「一.虚妄分別の正体」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第八偈が出てきます。 (1.8)さらに虚妄なる分別は、三界 ...
| トトガ・ノート | 2010/12/24 12:09 AM |
唯識とさとり…第七偈(唯入13/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第三章.さとりのプロセス」の「二.得ることと得ないこと」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第七偈が出てきます。 (1.7)それゆえに、 ...
| トトガ・ノート | 2010/12/17 12:12 AM |
識を転じて、智を得る…第六偈(唯入12/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第三章.さとりのプロセス」の「一.無の相への悟入」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第六偈が出てきます。 (1.6)得られることにもと ...
| トトガ・ノート | 2010/12/10 12:03 AM |
唯識説の空(唯入11/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第二章.認識の構造」の「四.唯識説における空」を読みました。 《以下要約》 縁起したもの=空なるもの、という場合には、自性がない(無自性)という ...
| トトガ・ノート | 2010/12/03 12:06 AM |
三性説・・・第五偈の説明(唯入10/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第二章.認識の構造」の「三.三性説」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第五偈が出てきます。 (1.5)妄想されたもの(遍計所執性)、他 ...
| トトガ・ノート | 2010/11/26 12:09 AM |
虚妄分別は実践主体(唯入09/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第二章.認識の構造」の「二.まよいからさとりへ」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第四偈が出てきます。 (1.4abc)それゆえに、それ(すなわち識)が虚妄なる分別であることが成立した。なんとなれば、(識は)そのまま
| トトガ・ノート | 2010/11/19 12:06 AM |
識の顕現4種(唯入08/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第二章.認識の構造」の「一.識の顕現」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第三偈が出てきます。 (1.3)識が生起するとき、それは対境として、有情として、自我として、および表識として(四通りに)顕現する。しかし、その
| トトガ・ノート | 2010/11/12 12:12 AM |
虚妄分別と空性(唯入07/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第一章.虚妄分別とはなにか」の「五.空性と有」を読みました。 虚妄分別の有 唯識説で「虚妄分別は有り」と言っているのは、自性をもって存在するという意味ではありません。虚妄に分別したり、ひるがえって正しい判断をしたりする主体、
| トトガ・ノート | 2010/11/05 12:06 AM |
竜樹の「空」と唯識の「空」(唯入06/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第一章.虚妄分別とはなにか」の「四.中道と三性説」を読みました。 竜樹は、すべて概念的存在にすぎない、と言ったうえで、それを「中道」だと言っています。その意味は「非有非無の中」すなわち、自性が無い、空、という意味で、それら一
| トトガ・ノート | 2010/10/29 12:03 AM |
空と無自性(唯入05/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第一章.虚妄分別とはなにか」の「三.主観と客観」を読みました。 前出の「能取」と「所取」は、それぞれ「主観」(知るもの)と「客観」(知られるもの)と言い換えることができます。前者は我・私・自己であり、後者はその自己によって知
| トトガ・ノート | 2010/10/22 12:03 AM |
虚妄分別(唯入04/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第一章.虚妄分別とはなにか」の「二.虚妄分別と空性」を読みました。 『中辺分別論』第一章「虚妄分別」の第一偈と第二偈です。 (1.1)虚妄なる分別はある。そこに二つのものは存在しない。しかしそこに空性が存在し、そのなかにまた、か
| トトガ・ノート | 2010/10/15 12:06 AM |
中辺分別論(唯入03/23)
「唯識入門」(春秋社) 「第一章.虚妄分別とはなにか」の「一.中辺分別論」を読みました。 この本は七つの主題を五つの章(下の4〜6の主題が一つの章になっている)に収めて論じています。 1.相 「相」とは存在のすがたのこと。「虚妄分別」と特色づけられる識、
| トトガ・ノート | 2010/10/08 12:03 AM |
無著の摂大乗論(唯入02/23)
「唯識入門」(春秋社) 「序章.唯識思想の成り立ち」の「二.唯識思想の成り立ち」を読みました。 唯識と言えば世親ですが、もともとは小乗仏教の人で、説一切有部で出家したと思われます。著書の『(阿毘達磨)倶舎論』は有部の学説の綱要書となっています。 世親
| トトガ・ノート | 2010/10/01 12:07 AM |
唯識の参考書(唯入01/23)
「唯識入門」(春秋社) 「序章.唯識思想の成り立ち」の「一.唯識ということ」を読みました。 同じ著者による「仏教入門」の中に、 自性清浄心=如来蔵と、アーラヤ識とは、同じ一つの心の表と裏、楯の両面のように相反し、対立しつつも、決して切り離せません。そ
| トトガ・ノート | 2010/09/24 12:09 AM |
世親論集
JUGEMテーマ:読書&nbsp;「唯識入門」参照
| トトガ御用達 | 2010/09/15 9:21 PM |
摂大乗論―和訳と注解
JUGEMテーマ:読書&nbsp;「唯識入門」参照
| トトガ御用達 | 2010/09/15 9:18 PM |
唯識の構造
JUGEMテーマ:読書&nbsp;「唯識入門」参照
| トトガ御用達 | 2010/09/15 9:14 PM |
唯識十章
JUGEMテーマ:読書&nbsp;「唯識入門」参照
| トトガ御用達 | 2010/09/15 9:12 PM |
唯識の心理学
JUGEMテーマ:読書&nbsp;「唯識入門」参照
| トトガ御用達 | 2010/09/15 9:08 PM |
唯識の哲学
JUGEMテーマ:読書&nbsp;「唯識入門」参照
| トトガ御用達 | 2010/09/15 9:05 PM |
認識と超越
JUGEMテーマ:読書&nbsp;「唯識入門」参照
| トトガ御用達 | 2010/09/15 9:03 PM |
唯識思想
JUGEMテーマ:読書&nbsp;唯識入門参照
| トトガ御用達 | 2010/09/15 8:59 PM |
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS