PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トトガ御用達

我が家でお気に入りの商品・お店などを紹介します。
<< 二ちょうめのおばけやしき | main | ゆめくい小人 >>
スーホの白い馬
評価:
大塚 勇三
福音館書店
¥ 1,365
Amazonランキング: 8968位
Amazonおすすめ度:

評価:
大塚 勇三,サラ・アン ニシエ
ラボ教育センター
¥ 2,730
Amazonランキング: 365556位
Amazonおすすめ度:

評価:
大塚 勇三
アールアイシー出版
¥ 2,940
Amazonランキング: 731127位
Amazonおすすめ度:

JUGEMテーマ:育児
 くもんのすいせん図書B-38

赤羽さんの絵がとっても印象的で、表紙と「スーホの白い馬」はずっと頭の中に残っていました。しかし、話の中味が思い出せない…。そんな感じで、何十年ぶりに読んでみました。

馬頭琴の由来として、モンゴルに伝えられている民話なのでしょう。本当かどうかはともかく、理不尽な話です。長年、家族として一緒に育った愛馬とこれからも一緒にいたい。その思いから出来上がった楽器。悲しいですね。

でも、遠い国の遠い昔の話として片付けられない現実は、さらに悲しいです。政治に理不尽が付きものなのは、今も昔も変わりがない。現代人の方が歴史的教訓をより多く踏まえているわけですから、未だに理不尽な政治から脱却できてないのは更に罪深いと言えます。

これから政治の理不尽を思い知らされていく子どもたちに、その準備として、とてもいい本だと思います。そして、そんな現実にさらされても、スーホのようにきれいな心は保ち続けてほしい。

今見ても、表紙以外の絵を見ても、やはり赤羽さんの絵は素晴らしい。
| 公文推薦図書B | 18:17 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 18:17 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/343
スーホの白い馬(くもん図書)
くもんのすいせん図書(3Aの49番)「スーホの白い馬」を読みました。(小林教室収蔵) 赤羽さんの絵がとっても印象的で、表紙と「スーホの白い馬」はずっと頭の中に残っていまし ...
| トトガ・ノート | 2011/10/17 12:33 AM |
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS