PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トトガ御用達

我が家でお気に入りの商品・お店などを紹介します。
<< クリニカルマッサージ | main | 密教―インドから日本への伝承 >>
大乗起信論
評価:
宇井 伯寿,高崎 直道
岩波書店
Amazonランキング: 239980位
Amazonおすすめ度:
なぜこの本が広く読まれていないかが疑問
如来蔵と大乗起信論

「意識の形而上学」という解説書の方を先に読みましたが、アウトラインをつかんだところで訳本の方を読むことにしました。
 
大乗起信論(岩波文庫版)
第一段「因縁分」、第二段「立義分」と、第三段「解釈分」の第一章「顕示正義」の第一門「心真如」まで読みました。「意識の形而上学」の読書日記では割愛した「離言真如」と「依言真如」についてまとめておきます。

「離言真如」について
あらゆる言語表現は便宜的な仮の表現に過ぎず、それに対応する実体は無い。すべてのものは、誤った心の動き(妄念)によって現われている。人が妄念から離れられれば、あらゆる対象は姿を消すであろう。ここで真如と呼ぶものも、他の全てのものと同様に、対応する実体は無い。
 
「依言真如」について
上記のように真如は言葉では表現できないが、言葉を借りて説明すれば2つの意味がある。 1.ありのままに空ということ。全ての現象は妄念の所産であって、真実においては無い(空)のである。全ての汚れたものが、そこに結び付いてはいない。 2.ありのままに不空ということ。心の真実のあり方自体は、煩悩に汚されていない清浄なものが本来具わっている(不空)。清浄な徳相で満ち満ちている。
 
《つづく》
| 仏教 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:36 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/32
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS