PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トトガ御用達

我が家でお気に入りの商品・お店などを紹介します。
<< ゆきのひ | main | こんたのおつかい >>
三びきのこぶた
評価:
山田 三郎
福音館書店
¥ 840
Amazonランキング: 28720位
Amazonおすすめ度:
本物はこんなにもスゴイ!
2歳8ケ月にはちょっと早い
リアルな内容が良いです

JUGEMテーマ:育児

 くもんのすいせん図書2A-5

なかなか絵もお話もリアルです。藁と木と煉瓦の家をそれぞれ建てて、煉瓦の家を建てたブタがほかの兄弟を助けた話だと思っていたのですが、この本は違ってました。


まず、貧乏で、こぶたを育てられなくなったお母さんがこぶたを捨ててしまうのですが、ここが何とも今っぽい。子供は扱い方しだいで結構お手伝いを喜んでするものなので、そうそう邪魔ばかりにもなっていないと思うんですが、三びきのこぶたのお母さんは今ニュースに出てくるお母さんたちのように子どもたちを邪魔者扱いしました。


この子どもたちは、それぞれ職人さんに交渉して藁や木や煉瓦を調達し、自力で家まで建てているのですから、貧乏ならば尚更この子どもたちを手放す法はありません。きっと、大人の事情があったのでしょう、今ニュースに出てくるお母さんたちのように…。


藁や木の家を建てて、狼に襲われた兄弟たちは、食べられてしまいます。生き延びるか、あるいは赤ずきんちゃんのようにお腹を切って復活するパターンだとばかり思っていたのですが、しっかり食べられてしまったようです。確かに現実はそんなもんです。とってもリアルです。


最後に、煉瓦の家を建てたこぶたが狼を茹でて食べてしまうみたいです。母に捨てられ、兄弟を失った悲しみ…仇である狼に対する恨み…。


物凄くドロドロした話だったんですね…。大人になってから読んだ方がゾッとします。

| 公文推薦図書2A | 17:25 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 17:25 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/184
昔話は三度くり返す(爆問)
NHK「爆笑問題のニッポンの教養#123」(10月5日放送分)を見ました。口承文芸学の小澤俊夫先生でした。小澤征爾さんの兄であり、ミュージシャン小沢健二さんの父だそうでビックリしてしまいました。 画面に出てきた絵本は見覚えのある「子どもとよむ日本の昔ば
| トトガ・ノート | 2010/10/14 12:09 AM |
三びきのこぶた(くもん図書)
くもんのすいせん図書(2Aの5番)「三びきのこぶた」を読みました。(小林教室収蔵) なかなか絵もお話もリアルです。藁と木と煉瓦の家をそれぞれ建てて、煉瓦の家を建てたブタがほかの兄弟を助けた話だと思っていたのですが、この本は違ってました。 まず、貧乏で
| トトガ・ノート | 2010/10/05 12:06 AM |
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS