PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トトガ御用達

我が家でお気に入りの商品・お店などを紹介します。
<< くじらだ! | main | まめうし >>
3びきのくま
評価:
トルストイ
福音館書店
¥ 1,155
Amazonランキング: 14385位
Amazonおすすめ度:
ぶきみな「おんなのこ」の話だった正調3匹のくま!
なんと重厚な絵のタッチでしょう
色々あるけどこれが決定版。

JUGEMテーマ:育児

 くもんのすいせん図書2A-2

いつかどこかで読んだお話です。繰り返しがあって、子どもは喜びます。絵もロシア風。


ただ、大人になって読み返してみて、気になったところがありました。くまの名前です。おとうさんぐまは「ミハイル・イワノビッチ」、おかあさんぐまは「ナスターシャ・ペトローブナ」、こどものくまは「ミシュートカ」となっています。


大人が読む小説ならともかく、どうしてくまの名前がきちんと書いてあるんでしょうか?フルネームで!「おとうさんぐま」とか「おかあさんぐま」とか「こどものくま」ではダメなんでしょうか?


しかも、おとうさんとおかあさんの姓が違うみたいなんですが、別姓なんでしょうか?どっちかが連れ子で、まだ籍を入れてないんでしょうか?


たとえば、この名前は、熊野熊太郎とか大熊熊子とか熊吉とか、熊にちなんだ名前なのでしょうか?それなら納得できますが、そうだとすると新たな疑問が湧きます。どうして翻訳の人はそう訳さなかったのでしょうか?


たとえば「おとうさんぐまの名前は山田一郎、おかあさんぐまの名前は石川花子、ちいさなくまの子の名前は大輔といいました。」となっていたら、とっても違和感を感じると思うのですが。(使用した御名前は全く架空のものです!)


これもロシア流なのかもしれません。

| 公文推薦図書2A | 17:19 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 17:19 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/181
おおきなかぶ(くもん図書)
くもんのすいせん図書(Aの1番)「おおきなかぶ」を読みました。(小林教室収蔵) みなさん、おなじみのお話ですね。登場するのは、おじいさん、おばあさん、まご、いぬ、ねこ、ねずみ、です。一人ずつ加わるたびに「うんとこしょ、どっこいしょ」とやるわけです。
| トトガ・ノート | 2010/10/26 12:03 AM |
昔話は三度くり返す(爆問)
NHK「爆笑問題のニッポンの教養#123」(10月5日放送分)を見ました。口承文芸学の小澤俊夫先生でした。小澤征爾さんの兄であり、ミュージシャン小沢健二さんの父だそうでビックリしてしまいました。 画面に出てきた絵本は見覚えのある「子どもとよむ日本の昔ば
| トトガ・ノート | 2010/10/14 12:09 AM |
3びきのくま(くもん図書)
くもんのすいせん図書(2Aの2番)「3びきのくま」を読みました。(小林教室収蔵) いつかどこかで読んだお話です。繰り返しがあって、子どもは喜びます。絵もロシア風。 ただ、大人になって読み返してみて、気になったところがありました。くまの名前です。おとう
| トトガ・ノート | 2010/09/07 12:27 AM |
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS