PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

トトガ御用達

我が家でお気に入りの商品・お店などを紹介します。
<< あおくんときいろちゃん | main | かばくんのふね >>
大乗仏典(12)如来蔵系経典
評価:
中央公論新社
¥ 2,100
Amazonランキング: 366562位
Amazonおすすめ度:
大乗仏教の核心を説く勝鬘経を収録

「如来蔵経」の前半を読みました。「九つの比喩」の5つ目までです。
 
《以下引用》… 『如来蔵経』(「如来を内部に宿すものについての経典」)は、大乗中期の経典で、その成立はナーガールジュナ(龍樹、150〜250)よりのち、三世紀中葉と推定される。 …《引用終わり》

 サンスクリット本は散逸してしまいましたが、漢訳二種とチベット訳が残っているそうです。漢訳のひとつが不空訳です。

 お話は、世尊がさとりをひらかれてから十年目のある暑い日に、弟子やそれ以外の人達が集まる前で、金剛慧菩薩の質問に答える場面です。世尊は「九つの比喩」の話をします。
 
1.蓮華のなかの諸仏のたとえ 色あせ、悪臭を放ち、しぼんで、少しも好ましくない蓮華と、それらの蓮華の萼に坐禅をくんで坐りながら光明を放っている美しい如来を、私たち見て、礼拝している。

 《以下引用》… それと同様に、…正しく完全なさとりをひらいた…如来もまた、自身のもつ超越的な般若の叡知と、(それにもとづく)知識と、如来の眼をもって、貪り(貪)、怒り(瞋)、無知(痴)をはじめとする、根元的執着(渇愛)と根元的無知(無明)(にもとづく)…数知れぬ煩悩の蔽いに纏われたすべての命ある衆生たちの内部に、(その如来と)同じ知恵をもち、眼をもった如来があって、坐禅をくんで不動でいるのを見る。 …《引用終わり》

 私たちの煩悩をしぼんだ蓮華に例え、その蓮華の中に美しい如来が隠れているように、私たちの中にも美しい如来が隠れているのだ、ということです。

 2.群蜂に囲まれた蜂蜜
 中にたっぷりの蜂蜜がしまってある蜜蜂の巣と、それを蔽い隠している蜜蜂の群れ。蜜蜂の群れが煩悩で、蜂蜜が如来です。こぐまのプーさんの絵が似合います。

 経文には書かれていませんが、蜂蜜を集めたのは他ならぬ蜜蜂たちですから、別な解釈もできそうな気がします。

 3.皮殻に蔽われた穀物 米、大麦、稗その他の穀類の実は皮殻に蔽われていて、これを取り除かなければ食べられない。皮殻が煩悩で、おいしいところが如来です。

 そば好きの私は蕎麦の実を思い浮かべました。蕎麦の実を挽くと、最初に中心の白い部分が粉になって出てきます。更科用ですね。それが無くなると、殻の方が挽かれてきます。黒い粉になってきます。これがたっぷり混じっているのが田舎そば用ですね。私は、この煩悩がたっぷり入ってる田舎そばが好きですが…これも経文には関係ありません。

 4.不浄所に落ちた真金 ゴミ捨て場の腐敗物の中に金塊を落とした場合。金塊ならば、いくらひどい所に落ちてしまっても拾おうとしますね。しかも、金塊は何十年経っても腐敗物の影響を受けません。私たちの中にも、それと同じ如来の不壊なる本性が内在しているのですよ!ということです。

 家内がトイレに落としたケータイ、洗って乾かしてからは正常に動作しています。これも不壊なる本性かな?

 5.貧家の地下にある宝蔵 貧乏人の家の地中深くに宝物がざっくり埋まってたとしても、宝物が「掘って下さ〜い」などと声を上げたりはしない。みんなの心の奥底に徳性が埋まっていることを、如来は世間にあらわれて指し示す…

 「ここ掘れ、ワンワン」と裏の畑で鳴くポチを思い浮かべてしまいました。

 *** …思いつくままに一言ずつ書きましたら、ふざけた感じになってしまいましたが…

 今、生きる意味を探しています。個人個人それぞれ「意味」を設定していいわけですが、みんなに共通するような最大公約数的な「意味」が無いかな…と。

 如来蔵思想の中にヒントがありそうな気がしています。だから、実はかなり真剣に、この本を手にしています。

 《つづく》
| 仏教 | 13:53 | comments(0) | trackbacks(20) |
スポンサーサイト
| - | 13:53 | - | - |









http://totoga.jugem.jp/trackback/123
如来蔵系経典の解説(如蔵20/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「解説」を読みました。 前半は仏教を概説していますが、高崎先生の「仏教入門」を発注済ですので、そこで詳しく取り上げることにしまして、今回は各経典の解説をノートしておきます。 『如来蔵経』 ・すべての衆生が如来蔵(仏となる
| トトガ・ノート | 2009/11/13 12:11 AM |
さとりへの道(如蔵19/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「智光明荘厳経」の「三 如来の本質――みずからさとり、他をしてさとらせる」の後半と「四 如来の讃嘆」を読みました。 菩薩行(さとりへの道) どうすれば菩薩としての実践(菩薩行)を行じることになるか?以下のようにすればよい
| トトガ・ノート | 2009/11/06 6:26 AM |
さとりの特質16種(如蔵18/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「智光明荘厳経」の「三 如来の本質――みずからさとり、他をしてさとらせる」の後半を読みました。 さとりの特質――十六種 文殊師利:如来はどのようにして菩提を得られたのですか? 世尊:如来は根もなく(無根)、よりどころもな
| トトガ・ノート | 2009/10/30 12:06 AM |
さとりの意義・因(如蔵17/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「智光明荘厳経」の「三 如来の本質――みずからさとり、他をしてさとらせる」の前半を読みました。 一切の現象をあらしめる本質――さとりの意義 如来は全ての現象の平等性の極限、無二性の極限、出生することのないものの極限であっ
| トトガ・ノート | 2009/10/23 12:07 AM |
智光明荘厳経(如蔵16/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「智光明荘厳経」の「一 序章」「二 不生・不滅の法門――九つの比喩」を読みました。 不生・不滅とはどんな法を説明することばですか?というマンジュシリー(文殊師利)の問いに、世尊が答えます。 1.インドラ神の影像 神々の王シ
| トトガ・ノート | 2009/10/16 12:13 AM |
如来を見聞すること(如蔵15/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「華厳経如来性起品」の「十二 如来の見聞供養によって善根を生むこと――如来出現の第十相」「十三 結び」を読みました。 ・如来たちを見聞し善根を生むことをどう理解すればいいですか?という如来性起妙徳菩薩の問いに、普賢菩薩が
| トトガ・ノート | 2009/10/09 12:05 AM |
転法輪と大般涅槃(如蔵14/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「華厳経如来性起品」の「十 如来の転法輪――如来出現の第八相」「十一 如来の偉大なる死――如来出現の第九相」を読みました。 ・如来たちの転法輪(法の車輪を前進させること)をどう理解すればいいですか?という如来性起妙徳菩薩
| トトガ・ノート | 2009/10/02 12:13 AM |
仏の対象領域(如蔵13/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「華厳経如来性起品」の「八 如来の活動領域――如来出現の第六相」「九 如来の明らかなさとり――如来出現の第七相」を読みました。 ・如来たちの活動領域をどう理解すればいいですか?という如来性起妙徳菩薩の問いに、普賢菩薩が答
| トトガ・ノート | 2009/09/25 12:13 AM |
仏の対象領域(如蔵12/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「華厳経如来性起品」の「七 仏の知恵の対象――如来出現の第五相」を読みました。 仏の対象領域をどう理解すればいいですか?という如来性起妙徳菩薩の問いに、普賢菩薩が答えます。 比喩 大海は水と宝の集積をもって無量であり、衆
| トトガ・ノート | 2009/09/18 12:12 AM |
如来の心(如蔵11/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「華厳経如来性起品」の「六 如来の心の生起――如来出現の第四相」を読みました。 如来の心の生起をどう理解すればいいですか?という如来性起妙徳菩薩の問いに、普賢菩薩が答えます。 第一の比喩 すべての所作は虚空に依存して配
| トトガ・ノート | 2009/09/11 12:10 AM |
如来の音声(如蔵10/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「華厳経如来性起品」の「五 如来の音声――如来出現の第三相」を読みました。 如来の音声をどう理解すればいいですか?という如来性起妙徳菩薩の問いに、普賢菩薩が答えます。 第一の比喩 四禅(原始仏教以来説かれる基本的な
| トトガ・ノート | 2009/09/04 12:06 AM |
如来の可見の身(如蔵09/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「華厳経如来性起品」の「四 如来の身――如来出現の第二相」を読みました。 如来の眼に見える姿をどう理解すればいいですか?という如来性起妙徳菩薩の問いに、普賢菩薩が答えます。 第一の比喩 虚空界(空間)は全く果ての無い領域
| トトガ・ノート | 2009/08/28 12:06 AM |
如来出現の原因(如蔵08/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「華厳経如来性起品」の「三 如来出現の原因」を読みました。 この章はまとめがありますので、そこをメモっておきたいと思います。 ・行を完成することは無量である。(無料じゃなくて、無限ということですね) ・十方にある一切のも
| トトガ・ノート | 2009/08/21 12:11 AM |
華厳経如来性起品(如蔵07/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「華厳経如来性起品」の「一 序章」「二 如来出現の法門―総序」を読みました。この経典は原名「如来の生起・出現の説示」という元来独立の一経です。 世尊と一緒に多くの菩薩たちがいる時、如来性起妙徳(如来の家系に生まれた幸あ
| トトガ・ノート | 2009/08/14 12:05 AM |
獅子吼する奥さん(如蔵06/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「勝鬘経」の「四 一諦章」「五 如来蔵章」「六 終章」を読みました。 《以下引用》…苦の滅とは、存在するものの消滅という意味ではありません。(苦が、そしてその原因たる煩悩が、本来、非存在であるということです。)…はじめ
| トトガ・ノート | 2009/08/07 12:05 AM |
プチ涅槃(如蔵05/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「勝鬘経」の「三 一乗章」を読みました。冒頭で、大乗こそが真実の教えであり、声聞や独覚のほか、世間的・超世間的善法はすべて大乗から分かれ出たものである、と宣言されています。 「潜在的無知のあるかぎり完全な涅槃はない」
| トトガ・ノート | 2009/07/31 12:10 AM |
シュリーマーラー夫人(如蔵04/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「勝鬘経」の「一 序章」と「二 摂受正法章」を読みました。シュリーマンとかマーラーという名前があるのでヨーロッパみたいですが、シュリーマーラー夫人はインドの人です。 品行方正で有名なシュリーマーラー夫人のもとに世尊が現
| トトガ・ノート | 2009/07/24 12:10 AM |
不増不減経(如蔵03/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「不増不減経」を読みました。「衆生の世界は「真理の領域」そのもので、満ちることもなく、減ることもない」ということを解説しています。 輪廻を続けることによって衆生界がいっぱいになるのではないか?逆に、さとりによって衆生
| トトガ・ノート | 2009/07/17 12:12 AM |
『如来蔵経』の後編(如蔵02/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「如来蔵経」の後半を読みました。「九つの比喩」の6つ目以降です。 6.樹木の種子 果実や木の実は外皮の蔽いの中に芽となる種子があって、壊れることなく、それが地に落ちると、やがて大樹となる。 煩悩の外皮の中に胎児のよ
| トトガ・ノート | 2009/07/11 2:07 PM |
内に秘められた徳性(如蔵01/20)
「如来蔵系経典」(中公文庫版) 「如来蔵経」の前半を読みました。「九つの比喩」の5つ目までです。 《以下引用》… 『如来蔵経』(「如来を内部に宿すものについての経典」)は、大乗中期の経典で、その成立はナーガールジュナ(龍樹、150〜250)よりのち、三世
| トトガ・ノート | 2009/07/11 2:06 PM |
amazonサーチボックス
amazonおまかせリンク
Google AdSense
検索向けAdSense
ツイッター
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
OTHERS